実証実験風景




  • Get_Flash_Player
     

    イノシシ対策推進機構 代表

    STOコンサルティング株式会社

    〒731-5135 広島県広島市佐伯区海老園 1-10-36-1サンセイビル 4 F
    TEL.( 082 ) 924-6828 FAX.( 082 ) 924-4501

       担当 石丸 政吉
           E-mail: m.ishimaru2@sansei-bussan.co.jp





    イノシシ対策推進機構 会則(抜粋)


    総 則

    (名 称)

    本会は、 イノシシ対策推進機構 と称する。

    (目 的)

    本会は、イノシシ対策工法(以下「本工法」という。)の普及、技術の向上並びに
    その健全なる発展をすることを目的とする。

    (事 業)

    第3条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

      1)本工法の技術向上の為の研究・開発

      2)本工法の技術資料、積算資料等の整備

      3)本工法の普及並びに広報活動及びその技術情報等の交換

      4)関係諸機関に対する連絡と意見の具申

      5)その他本会の目的を達成するために必要な事項

    (事務局)

    題4条 本会は、事務局を広島県広島市佐伯区海老園 1丁目10番36号の1
                      (STOコンサルティング株式会社内)に置く。


    第2章 会 員

    (会 員)

    第5条 本会は、次の会員をもって構成する。

    •  正会員  本会の目的及び事業等に賛同する企業若しくは個人

    •  特別会員 本工法の技術的権威であり、技術指導・助言等を行う団体及び個人

    (入 会)

    第6条 本会に入会しようとするものは、事務局に入会申込書を提出し、理事会の
         承認を得なければならない。

      2.入会は理事会の承認を得なければならない。

    (会員の権利)

    第7条  本会のすべての会員は、研究成果を均等に共有する。ただし、本会結成
         以前に、本工法に関して会員それぞれが既に知得していた何れの種類の
         知的財産権を包含するものではない。

    (会員の義務)

    第8条 本会の会員は、次の義務を負うものとする。

      1) 本工法の普及に努めるとともに、第3条に定める事業に積極的に協力すること。

      2) 本会で知り得た相互の技術情報又は成果等に関して、会員以外の第三者に
         開示しないこと。

      3) 第21条に定める運営費を随時納入すること。但し、特別会員はこの限りでは無く
         別途取決める。

      4)本会の会則を遵守すること。

    事務局:STOコンサルティング株式会社 〒734-5135 広島県佐伯区海老園 1-10-36-1サンセイビル 4 F
    TEL.( 082 ) 924-6828 E-mail: m.ishimaru2@sansei-bussan.co.jp